REGALIA HYBRID E レガリアハイブリッドEについて

REGALIA HYBRID E

REGALIA HYBRID E

外壁用レガリアハイブリッドEは、すべてのタイプが人や環境にやさしい塗料で、さまざまな外壁材に塗装設計が可能です。
エナメルタイプ・マットタイプと、お客様のスタイルに合わせて使用できる、多彩なバリエーションを提供しています。

レガリアハイブリッドEの反射性・遮熱性・断熱性・省エネ塗料

レガリアハイブリッドEは、建物の周りに覆われた外断熱塗膜が夏場の暑い熱を遮り、冬場はお部屋の温かい空気が外に逃げるのを防ぎます。また、熱を遮る「熱の3大要素」といわれる反射性・断熱性・放熱性をすべて取り入れ、それぞれがバランスよく働くよう設計されています。

レガリアハイブリッドEは、夏場は涼しく冬場は暖かくと、1年を通して電気代の節約につながる省エネ塗料です。地球温暖化が進んでいる今に最適な塗料として、レガリアハイブリッドEが環境保護に貢献いたします。

比較実験データ

10年に1回の塗り替えコストを1回だけの塗り替えで抑えるレガリアハイブリッドE

10年に1回の塗り替えコストを1回だけの塗り替えで抑えるレガリアハイブリッドE

ご購入された大切なお家を長く維持するためには、10年おきの塗り替えが必要です。

建物を傷める原因は外気温度・太陽の紫外線・雨水などが挙げられますが、何より建物を一番弱らせてしまうのは湿気です。住まいは、こうした自然現象によって少しずつ劣化し始めます。大切な住まいを守るためには、10年に一度の定期的な塗り替えが必要です。

レガリアハイブリッドEは、外気温度・太陽の紫外線・雨水・湿気などの自然現象から住まいを守る、長期的コストを考えても経済的なブランド塗料です。

レガリアハイブリッドで塗り替えた壁は、住まいを「守る」強い壁になる。

レガリアハイブリッドで塗り替えた壁は、住まいを「守る」強い壁になる。

外壁は1年365日を通して、太陽の紫外線・雨水・雪・寒さなどからお家を守り続けています。ただ、365日そうした自然環境に晒されている外壁は、一般的に7年~10年で色あせが出てきたり汚れが付いたりと、劣化症状が目に見えて現れ始めます。傷んだ外壁をそのまま放っておくと住宅本体に劣化が生じ、住まいの強度にも悪影響を及ぼしかねません。

住まい自体を最低限維持し、いつまでも末永く同じお家で暮らすためには、外壁塗装は必ず必要な維持存続工事です。レガリアハイブリッドは自然環境から末永く住まいを守る塗料として、塗料開発工場によるサンシャインウェザーメーター加速実験装置での「30年耐候試験」に成功するなど、今までにない塗料の耐久性の限界を追求してまいりました。

外壁塗装では、高品質な塗料を選ぶことが、今後の住まいを左右する大切な選択につながります。
また、塗料選びだけではなく、正しい施工も大切です。正しい施工で末永く美しい外壁にしましょう。

レガリアハイブリッドの最大の魅力は「高耐久性」

塗料の特徴は、すべて同じではありません。
塗料にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴も異なります。
代表的な塗料としては、アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料などがあります。
塗り替えの目安は、アクリル塗料・ウレタン塗料で約8年、シリコン塗料で約10年です。その点、レガリアハイブリッドの寿命は約20年~30年と、大きな差が出ています。

世界でいち早く実現!水分透過率0%で反射・遮熱・断熱・放熱の機能を保持

世界でいち早く実現!水分透過率0%で反射・遮熱・断熱・放熱の機能を保持

※画像はイメージです

塗料樹脂の中でも最高級の品質を誇るハイブリッドテクノロジー・レガリアハイブリッドは、イラストで示すように、塗料に含まれる粒子の形状がきれいな球体で、その中に空気を含んだグラスビーズを採用しています。さらに、ハイブリッドテクノロジーとして世界でもいち早く実現した、反射・遮熱・断熱・放熱のすべてを兼ね備える水性高機能塗料です。

レガリアハイブリッドの耐久性は従来と比べて2~3倍

レガリアハイブリッドの耐久性は従来と比べて2~3倍

塗料は塗膜の防水性が大切です。防水性の劣化は塗膜崩壊のサインです。

(促進耐候性試験)

アクリルウレタン塗料
5年相当で防水性 約80%減少
アクリルシリコン塗料
10年相当で防水性 約80%減少

レガリアハイブリッドは、20年相当でも防水性の減少は約10%。
約90%もの防水性が保持されているという結果が出ています。
※当社耐候試験結果

カラーチャート

※こちらの色見本はホームページ上の表現となるため、実際の仕上がりとは異なります。