REGALIA HYBRID b レガリアハイブリッドBについて

REGALIA HYBRID B

REGALIA HYBRID B

レガリアハイブリッドBの特徴

施工性・・・・・・
レガリアハイブリッドBは非常に伸びがよく、塗りやすく設計されています。施工性の良さは施工ミスを防ぎ、工期の短縮にも貢献いたします。
美観性・・・・・・
レガリアハイブリッドBは、断熱塗料特有の塗膜表面のゴワゴワ感がありません。ペイントに含まれる断熱ビーズは、断熱性と耐久性と美観性を効率よく発揮するよう緻密に計算され配合されています。
弾性 ・・・・・・
400パーセントの弾性は、小さなクラックやひび割れに塗膜か追従し、建物内部への水の侵入を防ぎます。
※弾性:60℃で400%,-10℃で315%最大1.2mmの細かいひび割れを補修可能※水分透過率=0%(ENDIN162-3:2008)
屋根用(Roof)データ
高性能・・・・・・
レガリアハイブリッドBは、反射、断熱、排熱といった熱を遮る要素をすべて取り入れ、またそれぞれがバランスよく働くよう設計されています。
その為、夏だけではなく冬にも断熱効果によって、温まった部屋から暖気が逃げるのを防ぎ、また濃色に調色した場合でも効果を発揮します。

レガリアハイブリットBは省エネに貢献する塗料です。

熱を遮る

レガリアハイブリッドBは、反射と断熱、排熱効果をバランスよく行えるよう、配合されるセラミックビーズの表面にナノ加工を施しています。そうすることによってそれぞれが高い効果を持ち、熱の方向に関わらず、熱の元の方向に押し戻します。
また、熱の伝導を大きく助ける水分を侵入させないことによって、より高い遮熱効果が期待できます。

実証施工前・施工後の陸屋根表面温度・裏面空間温度(サーモグラフィ)

実証施行前

場所:
愛知県豊田市
施工箇所:
陸屋根
使用塗料:
レガリアハイブリッドB
湿度測定方法:
2017/6/17 12:30に表面温度と裏側の温度を測定
表面温度 裏側温度

最先端技術の反映

最先端技術の反映

レガリアハイブリッドBに含まれる特殊セラミックビーズは、そのサイズ・表面の形状などにこだわり、断熱性が最大限発揮するように設計されました。
ナノテクノロジーの研究によりビーズの周りには極小のナノ加工が施され、排熱効果にもこだわりました。
これらの機能を損なわず、なおかつ滑らかな仕上がりで、施工性も失うこともない断熱ビーズを完成させました。

レガリアハイブリッドBは樹脂の組成法にもこだわっています。通常のハイブリッド塗料では下図のように樹脂同士が別々に配合されているのですが、レガリアハイブリッドBでは初めからお互いの樹脂をつなげて配合しております。
そうすることにより樹脂同士の結合が強く、お互いのメリットを活かし、より柔軟性と耐久性のバランスに優れた塗膜を作ることができます。

更に、セラミックビーズとナノ化させた反射粒子がバランスよく配合されている為、塗膜の一点に熱が集中することなく分散され、塗膜の熱だまりを防ぎます。
レガリアハイブリッドBは、ナノテクノロジーの技術によって生み出され、熱をシャットアウトするだけでなく、弾力性、耐久性など様々な機能においてバランスの取れた塗料です。

カラーバリエーション(防水用)

  • 75-80A

  • 75-60B

  • 39-80D

  • 42-50L

※ この見本はモニターによって見え方が異なります。インキの都合上、実際の仕上がりとは色や質感に違いがあります。
※ 実際の色をご確認の際は、塗り板サンプルをお取り寄せの上、ご確認ください。
※ 広い面積に塗られた場合、実際の色が多少明るく見える場合があります。
※ 色が濃くなるほど反射効果が減衰されます。
※レガリアハイブリッドBはマットカラーのみになります。